2013年04月02日

第181回 瀟灑走一回


陳大力/陳秀男(1992年)

Ken-Gは香港勤務時代に、会社の若い香港人仲間とよくカラオケに行き、朝まで歌ったものでしたが、彼らは英語、広東語、中国語、そして日本語のカラオケも流暢に歌います。Ken-Gも初めは英語のカラオケで彼らとデュエットしたりしましたが、彼らが日本語のカラオケを歌る以上、Ken-Gもぜひ広東語、中国語で歌らなくてはと思い、頑張って覚えた数曲のなかの一つがこの曲です。いまでも中国語の字幕を見れば歌えます。

歌手は香港の実力派、葉蒨文 (サリー・イップ)で、そのパンチのある歌唱力とリズミカルなテンポが魅力でした。歌部分はフルート、あとはなるべく中国の楽器に近い音色を合成して演ってみましたが雰囲気でていますでしょうか。

写真は先日、女房と一緒に一泊二日で旅行に行った時に立ち寄った群馬県碓氷峠のめがね橋です。圧倒的な迫力ですね〜。

a181 碓氷峠眼鏡橋.jpg
群馬県碓氷峠眼鏡橋


posted by Ken-G at 23:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
今回の曲と無関係な件で申し訳ありません。
2010.4.4(第131回)「ゲッティング・ストレート」の話(byrds96さんとの)を伺い、思わずコメント欄に入力させていただきました。以前より同曲のCD・楽譜を探していたのですが・・・未だ入手叶わず今日まで。楽譜につきましてご相談、お願いしたく、上記メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。突然の失礼をお詫び申し上げます。pota-pota
Posted by pota-pota at 2013年05月29日 17:45
初めまして。

コメントありがとうございます。
早速メール添付で送らせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by Ken-G at 2013年05月29日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。