2013年08月12日

第182回 よせばいいのに

この回はユーチューブでお聴きください。

敏いとうとハッピー&ブルー(1979年) 

さて、前回の「瀟灑走一回」のエンディングを未だ仕上げていないまま4ヶ月もたってしまいましたが、新しい曲「よせばいいのに」に取り組みました。(前回のエンディングはきっと近日中に仕上げます)

ムード歌謡路線を定着させた曲のひとつです。女性言葉で男性が歌うのは日本独特のジャンルなのでしょうか。「土佐日記」などからそのような下地がめばえたのでしょうか。

この曲、リードボーカルももちろんですが、バックのコーラスの効果を特に意識して演ってみました。使った音は「トゥー」と「アー」です。あと、ベースラインも少し強めにしてみました。わりとサクサクと短期間で仕上げることが出来ました。このシリーズでは「私祈っています」や「星降る街角」などもいいですね。いつか演ってみたいです。

写真は、Ken-Gの母(86歳)が自力で(?)東京駅ま出てきましたので、Ken-Gの姉とその長男家族と一緒に出迎え、母の念願だった歌舞伎座ギャラリーを見学し、記念写真を撮ったところです。

a182 歌舞伎座見学題.jpg
歌舞伎座


posted by Ken-G at 21:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の大好きな曲、カラオケ18番?を取り上げていただいてありがとうございます!
実は、元祖ボーカル(一代目)である森本英世さんの大ファンです!
彼は若い頃はたしか新田洋?という名前でアニメ“タイガーマスク”の主題歌を歌っていました。“よせばいいのに”は現在もハッピー&ブルー歌っていますが、何代目?かのvocal(2人)の声、歌唱力、表現力がいずれも森本さんに比べてあまりにも劣るので、KenGさんのインストルメンタルのみのこの音源をカセットダビングして聴くことにしました。
思いもよらないプレゼント、本当にありがとうございます!
Posted by FAN at 2013年09月03日 14:11
FANさん、コメントお待ちしておりました。と言うのも実はこの曲、始めからFANさんのために取組んだようなものだからです。
この曲がFANさんのカラオケ18番であること、知っていました。あの新橋ビルからすぐの、喫茶店バイオレットの向かいの2階のカラオケバーで、プロ並みにこの曲を歌っているFANさんを見て感動したことがあるからです。私が見ていたこと、おそらくFANさんは気がつかなかったと思いますが、私は今でもはっきりと思い出せるくらい鮮明に覚えていますよ。
加えて、昔、FANさんがベースを演っていたことがあるとのことですので(私もベーシストには憧れていましたので)ベースラインを強めにしている次第です。
まんま気に入っていただいて本当に嬉しいです。
Posted by Ken-G at 2013年09月04日 01:24
え”〜〜〜〜!知っていたのですか?聴いていたのですかあ?すごく恥かしい(照れくさい)です。それに、ベースラインにこだわりの私の快感ポイントまで、KEN-Gさんには全てお見通しというわけですね。なんだか、いきなり素っ裸にされてしまったような気分です(笑)。
それにしても、YOUTUBEにのっている森本英世さんのディナーショーでの今でもかわらぬ美声には癒され魅せられてしまいます。
http://www.youtube.com/watch?v=g2pNrUMmk4c
Posted by FAN at 2013年09月04日 08:48
ディナーショーのリンク、ありがとうございます。森本英世さんは歌上手いですね。月並みな表現になってしまいますが、すばらしいです。
昔はあまりにも色気がありすぎて女っぽくて正直なところあまり好きではありませんでしたが、歳を重ねて渋さも加わった森本さんがあの美声で歌うとぴったり来る感じです。
FANさんもぜひ、歌の才能も衰えさせずにkeepして行ってください。
Posted by Ken-G at 2013年09月04日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。