2014年02月11日

第187回 東京砂漠

この回はユーチューブでお聴きください。

内山田洋(1970年代)

ご存じ、「内山田洋とクールファイブ」がヒットさせた名曲です。イントロはイングリッシュホルンとトランペット、導入はビオラ、そしてサビ部分はいつものフルートにオーボエなどを混ぜて演ってみましたがいかがでしょうか。

イントロと間奏に出てくるトランペットの音とメロディーは、アメリカ映画の西部劇やイタリア映画のマカロニウェスタンに出てきそうな乗りです。日本の時代劇でも「荒野の素浪人」や「荒野の用心棒」シリーズなどでもこんな感じで使っていたように思います。ほこりっぽい荒涼とした風景を彷彿させ、東京砂漠にはぴったりです。

構成ですが、同じメロディーが繰り返される部分はリズムの刻み方とベースパターンを変えて変化を持たせ、さび部分も繰り返しのところはハモリにして原曲通りにしてみました。

写真は、ジャ〜ン!! 女房と一緒に念願のイタリア旅行に行ってきました。1月の正月明けから9日間、ヨーロッパ旅行の一番安いシーズンを狙って行ってきました。まずはローマ市内にある「トレビの泉」です。

トレビの泉.jpg
ローマの「トレビの泉」


posted by Ken-G at 21:48| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜分すみません。覚えておられますかねえ。
井口さんのメールを見つけて連絡しました。
高尚なご趣味でうらやましい限りです。早速楽しく聞かせていただいております。飛騨と箱根は参加しましたので皆さんのお顔は認識しました。
佐渡へも行きたいと考えております。ぜひご一緒になれれば。また連絡します
Posted by 重機の福田です at 2014年02月19日 00:30
福田さん、コメントありがとうございます。

お写真を拝見しますと、昔と比べてだいぶ貫禄がついた感じですが、面影が残っていてすぐわかりました。入社以来定年までいろいろありましたがあっという間でしたね。お互いこれからの人生も充実させたいものです。

私の趣味はどうしても部屋に閉じこもりきりになりがちですので、外に出る趣味も持ちたいと思っております。今度の旅行にもできれば参加したいですね。

これからもよろしくお願い致します。
Posted by Ken-G at 2014年02月19日 12:15
クールファイブの伴奏のポイントはズバリ管楽器にあり!MIDIではどちらかといえば必ずしも簡単には雰囲気を出せないトランペットやホルンの表現がイイ感じ。なにせ、イントロからもう
気合い充分がよく伝わってきます

Posted by FAN at 2014年03月05日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。