2014年11月06日

第195回 デルタの夜明け (Delta Dawn)


Larry Collins (1955)

Delta Dawn と言う曲は昔、オーストラリア出身のアメリカ人歌手、ヘレン・レディーで聴いたのが初めてでしたが、今回はカントリーウェスタン風のを耳コピーで演ってみます。メロディーはいつものようにフルートを3本使ってハモります。上ハモを強めに出すとそれっぽくなるようです。

伴奏は、出だしはスチールギターのバッキングだけで始まり、次にバンジョーとベースを加えて厚みをだし、転調してセカンドコーラスです。中間にバンジョーのソロを入れ、再びコーラスに戻り、リタルダンドしてエンディングへ・・・・ではなく、そこで速さをアップテンポ(♪=80 → 120)にしてバンジョーのソロとコーラスをもう一度演り、それからエンディングです。

今回のポイントはポルタメント奏法です。次の音に移る時にグラデーション的な滑らかさで移動する奏法ですが、今まで細かい音を入力してなんとかごまかしていましたが、今回はMIDIシーケンサーの機能をちゃんと使って正面から取り組んでみました。うまく自然に聴こえるでしょうか。(もっとも、フルートにポルタメントはありえないのかもしれませんが…)

次は「カントリーロード」なども演ってみたいです。日本の1970年代に流行った「走れコータロー」(ソルティーシュガー)などもこの乗りで行けそうです。

写真はイタリアはミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアです。

mirano.jpg
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア


posted by Ken-G at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。