2014年11月16日

第197回 スターダスト


ボギー・カーマイケル(1927)

では、長年の夢、「シャボン玉ホリデー」のエンディングテーマだった「スターダスト」に挑戦です。あの演奏はロス・インディオス・タバハラスと言う人のバージョンなんだそうで、ユーチューブにアップされていましたので、伴奏も含めて耳コピーで演ってみました。

留意した点はメロディーの装飾音符、特にチョーキング(弦を弾いた後に押弦している指で弦を引っ張り、無段階に音の高さを変えるギターの演奏技法)などです。

「シャボン玉ホリデー」は大好きなテレビ番組で、毎週日曜日、必ず観ていました。クレイジーキャッツの質の高いコントと、ザ・ピーナッツの素敵なデュエットに酔いしれているうちに、日曜日の楽しいひと時があっと言う間に終わり、このエンディングテーマを聴きながらしぶしぶ明日からの現実生活に戻って来たと言う感じでした。

写真はイタリアはポンペイの遺跡です。ベスビオ火山が遠くに見えます。

a197 Stardust.jpg
イタリア・ポンペイの遺跡


posted by Ken-G at 20:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しっかりチョーキング、イイ感じですね。

シャボン玉ホリデー、FANも当時、ほとんど毎週欠かさず観ていたお気に入りの番組のひとつでした。月日は流れ、ハナ肇さんも伊藤エミさんも今はすでに天国に。懐かしくもあり寂しくもあり......
Posted by FAN at 2015年02月24日 01:46
ありがとうございます。チョーキング、結構うまくいったと思っています。

なにしろあのシャボン玉ホリデーのエンディングを自分で演れたことで満足しています。

シャボン玉ホリデー、「懐かしくもあり、寂しくもあり」、まったくその通りですね。
Posted by Ken-G at 2015年02月24日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。