2014年11月19日

第198回 鈴懸の径


灰田有紀彦(1942年)

続いて同じくシャボン玉ホリデー風の「鈴懸の径」に耳コピーで挑戦です。

ジャズのスタンダードナンバー的なイメージですが、Wikipedia によるとこの曲、もともと第二次大戦中に作られたにももかかわらず、めずらしく戦時色が感じられない曲のひとつで、オリジナルは3拍子で作曲者・灰田有紀彦さんの弟、灰田勝彦さんが歌ってヒットしたのだそうです。

耳で聞き取りにくい部分は適当に自己流でアレンジして仕上げましたがいかがでしょうか。

写真はフィレンツエのドゥオモ前です。

florence.jpg
イタリア・フィレンツエのドゥオモにて


posted by Ken-G at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。