2014年12月15日

第201回 ベサメムーチョ

この回はユーチュウブでお聴きください。

Consuelo Velázquez(1940年)

ベサメムーチョとは、"Kiss Me Much"、"Kiss Me a Lot"、"Kiss Me Again and Again"とか言う意味のスペイン語なのだそうです。トリオ・ロス・パンチョスバージョンを耳コピーで演ってみました。

メロディー部分はいつものようにフルートです。その他使った楽器は、レキントギター、アコースティックギター、ベース、ドラムスなどです。

写真は福島県いわき市にある「白水阿弥陀堂」の日本庭園です。福島県にあるたった一つの国宝であるこの「白水阿弥陀堂」は、岩手県の白泉中尊寺をコピーして造られたそうで、その庭園の美しさには目を見張るものがあります。5月初旬の新緑の季節だけに、あらゆる種類の緑に彩られてため息が出るほどの美しさでした。阿弥陀堂そのものよりも庭園の美しさに圧倒されました。

E998BFE5BCA5E99980E5A082E291A2-e6f82.jpg
福島県いわき市・白泉阿弥陀堂日本庭園


posted by Ken-G at 23:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レキントギターの音色、一寸リュートっぽくもあり聴かせてくれますね。伴奏の一部がロシア民謡「二つのギター」と全く一緒なのは単なる
偶然なのでしょうか?ご存じでしたらそのあたりの事情を教えて下さい。
Posted by FAN at 2015年02月24日 02:53
さすがFANさん、気が付きましたか。実は私もまったく同じ疑問を持ちました。

私は逆にこの旋律はもともとこんな風に昔からオブリガート的に使われていたメロディーで、それを独立させて「二つのギター」と言うタイトルをつけたのかな、みたいに感じました。実際はどうなんでしょうね。

いずれにしても、この演奏を聴いてそんなことに気が付くひとは私くらいかなと思ったので、FANさんのご指摘をみてアッと思いました。単に耳コピー元ネタがそうなっていたのでそのままコピーしたまでなんですけれども。

https://www.youtube.com/watch?v=doZfq3dPyws
Posted by Ken-G at 2015年02月24日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。