2015年02月10日

第205回 或る日突然

この回はユーチューブでお聴きください。

村井邦彦(1969年)

トワ・エ・モワさんたちのデビュー曲です。トワ・エ・モワさんの歌は、特に男性ボーカルの上ハモ部分がいいですね。

これで3回目の取り組みです。1回目は3号館第21回目の「誰もいない海」、2回目は16号館第158回目の「空よ」、そして今回の「或る日突然」です。

前回、前々回にならって女性ボーカルはフルートで、男性ボーカルはビオラで、耳コピーで演ってみます。

ある日突然.jpg


posted by Ken-G at 01:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トワエモア、とても清潔感があって美しいハーモニーのデュエット!私も大好きです!この曲、待ってました!  前にもどこかで何度か同じコメントしてますけど、高低三度のハモリの再現、KENG先輩はいつも完璧な…
Posted by Ken-G at 2015年02月24日 02:19
私もこの曲、ずっと前から演りたかったのですが、転調する部分のコード進行がいまいちわからず、挑戦できずにいました。今回はコード進行表をネットで見つけたので取り組んでみた次第です。

「虹と雪のバラード」、さすがFANさんですね。もちろん私も検討しました。耳コピーする元ネタもユーチューブで見つけて、コード進行もゲットしてありますが、あのハモリ、どうしても無理な部分があるような気がして、失敗を恐れて取り組めずにいます。
Posted by Ken-G at 2015年02月24日 22:23
「虹雪」は、サビの部分のハモリ(高低音の役割分担が一部交代?)が結構複雑で、そこがこの曲の大きな魅力なんですよね
Posted by FAN at 2015年02月25日 10:01
まったくです。高音部のハモリに無理があるような部分があって、しりごみしているのですが、挑戦してみますね。

その前にもう一度、ピンクレディーの「カルメン77」を演りたいと思っています。
Posted by Ken-G at 2015年02月25日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。