2015年02月15日

第206回 悲しき天使(Those were the days)


ボリス・フォーミン(Борис Иванович Фомин, 1900年〜1948年)

軽いノリの後は、ズシッとくるようなロシアの曲を演ってみました。

1962年頃の日本ではメリー・ホプキン、ダニエル・ビダル、そして森山良子さんなどのカバーが流行っていましたので、欧米の曲かと思っていましたが、原題がДорогой длинною(「長い道」)と言うロシアの曲なんだそうです。なるほど、確かにロシアっぽく深みがあり、ジプシーのような哀愁を帯びたメロディーですね。

今回は、イントロをバイオリン、ヴィオラ、コントラバスなどにピアノを加えた弦楽四重奏風にし、歌部分はサキソフォーンにしています。そしてラストでは拍手喝采(applause)を入れて臨場感を出してみました。いかがでしょうか

E998BFE5BCA5E99980E5A082E291A7.jpg
白水阿弥陀堂日本庭園E


posted by Ken-G at 01:38| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この曲、私のミュージックライブラリーには、マドモアゼル・ビッキー叛と天地真理叛のカバーが入っていますが、まさか、ロシア民謡だったとは!

KEN-Gさんの自由自在の編曲テクもあってでしょうか、なるほど、言われてみれば、聴いて観れば確かにロシア由来の曲ですよね。
Posted by FAN at 2015年02月24日 01:59
天地真理さんのカバー、ぜひ聴いてみたくてユーチューブで探しましたが見つかりませんでした。残念!

そうなんです。言われてみれば確かにロシアっぽいし、画像はもともとは動画でして、ラストで足の底を手のひらでタッチするあのコサックダンスを踊ります。まさにロシアの曲ですね。

と言うわけで耳コピーの元ネタになっているユーチューブの動画を、FANさんに教えていただいたダウンローダーでDLし、ブログにアップしようとしたところ、25MBを超えるのはUL不可になっているらしく、残念ながらUPできませんでした。

なので、次のURLからどうぞ入ってみてください。まさにロシアって感じですから。

https://www.youtube.com/watch?v=8fPfhB4-Ar4
Posted by Ken-G at 2015年02月24日 21:08
「長い道」早速聴いて観ました!
快適なテンポ、素敵な歌声!
ラストに向けては、ほとんどコサックダンスのノリ!
Posted by FAN at 2015年02月25日 09:53
コサックのノリ、いいですよね。感動を共有できて嬉しいです。
Posted by Ken-G at 2015年02月25日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。